Amazonで”全く効果のない薬”が買える理由 介護現場や精神薬を飲みすぎてしまう人にニーズ

画像はサイトをキャプチャ

画像はサイトをキャプチャ

Amazonで”全く効果のない薬”が売られていると、ネット上で話題になっている。風邪薬のような箱に入った「プラセプラス」という商品で、有効成分は入っていない。つまり服用しても何の効果もないのだが、なぜ販売されているのか。

商品名の元にもなっている「プラセボ」は偽薬を意味し、本人が服用しているものに効果があると思い込むことで症状が改善することをプラセボ効果という。ただ、飲んだからといってプラセボ効果が必ず出るわけでもない。

同商品は医薬品ではなく、薬の形に似た”食品”だ。Amazonでは処方薬のようにPTPシートを使ったものが30粒で999円、袋入りのものが200粒1280円で販売している。

販売元は滋賀県の「プラセボ製薬会社」。2014年から偽薬の販売を行っている。同社の水口直樹代表は「高齢者の介護現場では薬を定量以上飲みたがる人も多いです。購入者の多くは介護をしている人で、代用目的でプラセプラスを購入しています」と話す。

Amazon販売は「”誰でも買える”を実現したかった」