世帯年収600万円の30代男性、収入激減で国に激怒「緊縮財政なんてやってないで早く目を覚ましてほしい」

「生活はカツカツ」という声が多数

「生活はカツカツ」という声が多数

年収400~600万円世帯の中には、生活状況に関係なく「仕事量に見合わず収入が少なすぎる」と不満を持つ人も多い。サービス系の会社に勤務する、宮城県の30代女性は世帯年収450万円だ。キャリコネニュースに、

「結果さえ残せば、ある程度の年収はもらえる会社です。でも、その結果を毎月残すのがきつい。モチベーションをいつまで維持できるか不安になります」

という声を寄せている。引き続き同年収世帯の30代から寄せられた投稿を見ていこう。(文:鹿賀大資)

世帯年収550万円「21時以降の夜勤、酷い時は翌日の17時まで働かされる」