幼少期の事故がきっかけで霊感体質になった女性「“この人亡くなるな”と感じたら、次の日に亡くなる」

「この人亡くなるな」と思ったその翌日……

「この人亡くなるな」と思ったその翌日……

幽霊はいるのか。信じている人もいれば、インチキ臭いと思う人もいるだろう。ただ筆者自身、代々霊感の強い家系に生まれ不思議な体験をしているので、“説明のつかない存在”はあるのではないかと思っている。

キャリコネニュース読者からも、

「物心ついた時から見えていたので怖くないです。そのおかげで、『生きている人』と『死んでる人』の区別がつかなくて大変でした」(40代男性)

といった、幽霊を見たことがあるという体験談が寄せられている。筆者の父は非常に霊感が強く、この男性と同じことを言っていた。20代の霊感が冴え渡っていた頃は、この男性と同じ状態だったそうだ。生きている人間と同じくらいハッキリと見えたという。(文:コティマム)

霊感の強い叔母に「塩を持ってその友達の家に行き、その塩を川に流してきなさい」