“オタ活貧乏”でも幸せ! ラブライバーの30代男性「ツアー遠征に60万円、海外聖地巡礼で約50万円」

オタ活貧乏でも幸せ!

オタ活貧乏でも幸せ!

何かとストレスが溜まる現代社会。好きなものや趣味を持つことは心の支えになる。しかし、出費がかさみ”オタ活貧乏”に陥る人もいるようだ。キャリコネニュースの読者からも多数の投稿が寄せられている。

「K-POPは生きる糧」という東京都40代女性(Web・インターネット・ゲーム/年収1200万円)は「遠征のたびに50万円くらい飛んでいきます」と綴る。韓国アイドルオタクの長崎県30代女性(管理・事務職/年収350万円)は

「1か月で30万円使ったことがある。ライブのチケット代、遠征費用、宿泊代、抽選会のためのCD購入、発売時のCD購入、グッズ代。実際に抽選に当たって本人に会えた時は嬉しかった」

と書いている。

「毎回ライブの演出やMCが楽しいし、Aヲタと仲良くなれたのも嬉しい」