マツコ、”美人の苦悩”にコメント「美人のことは、みんな見てんのよ。誤解されないように過ごさなきゃいけない。すごく大変だと思う」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

マツコ、”美人の苦悩”にコメント「美人のことは、みんな見てんのよ。誤解されないように過ごさなきゃいけない。すごく大変だと思う」

マツコ・デラックスさん

マツコ・デラックスさん

マツコ・デラックスさんが11月16日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に電話出演し、「美人ってすごく大変だと思う」などと、“美人たちの苦悩”についてコメントした。

番組では、キャリコネニュースが12日に配信した「美人すぎて先輩に嫉妬された20代女性『彼が一番好きなのは私だから!』との突然の宣戦布告に唖然」という記事を紹介。新卒入社した20代女性が、職場の先輩からある40代独身の男性社員を巡って勝手に対抗意識を燃やされたエピソードなどを伝えている。

意見を求められたマツコさんは、これは「対女性」の話で、「女性だと意外とわかりやすいから、対処の方法があると思うけど」とした上で、美人は「“対男性”の苦労が多いだろうなあって。表面化はされてないけど」と考えを語り出した。(文:okei)

「綺麗な女が自分には振り向いてくれずに、他の男とだけ仲良くしてる」と思われる

例えば、会社で仕事の相談をする人や仲がいい人は決まってくるが、

「たぶん、『おはよう』って一言も言ってもらえてない男からはさ、『綺麗な女が自分には振り向いてくれずに、他の男とだけ仲良くしてる』とか、美人ってそういう風にも思われると思うのよ」

と解説。これが、そうでもない人なら誰もまず注目しないし、「そこの“見られるか見られないか”って、美人かそうじゃないで、大っきい差があると思うのね」と指摘した。

「要は美人っててさ、みんな見てんのよ。例えばオフィスに入ってきたらさ、みんなが目で追うわけじゃない。男どももさ。そうなると、その人が誰にどういうことを話してるかっていうことも、無意識のうちに“追われてる”わけじゃない?」

と続けて分析。株式トレーダーの若林史江さんが、思わず「わー怖!」と漏らすと、マツコさんは「そうだよ。だから美人ってものすごい大変だと思うよ」と答えていた。

さらに司会のふかわりょうさんが、「(美人は)普通に接しているだけなのに好意を持っていると思われたり」と水を向けると、マツコさんは

「そうそう。だから、やりすぎると勘違いされちゃうしさ。その辺は平等に、誤解されないように過ごさなきゃいけない。美人じゃない人はそんな苦労ないわけだからさ。大変だと思う美人って」

と、理解されづらい美人の苦労について重ねて慮っていた。

マツコ、若林史江の下ネタは「自己防衛」と見抜く

「美人じゃなくてよかった」とつぶやいた若林さんに対し、マツコはさんは「あんたは美人じゃなくはない。ちょうどいいのよあんたって」と指摘していた。ふだんから下ネタや、幼少期に大をもらした話などを繰り出す若林さんに対して、マツコさんは

「わかってんのよ、アンタがそんなにウンコの話をしたいわけじゃないってこともね。あんたの自己防衛でもあるわけじゃない。あえて下ネタやウンコとか言うのは」

と語りかけ、「ちょうどよく生きてきたでしょ」と見抜いていた。

若林さんは若い頃のモテ期に、男友達の彼女に嫌われたりするため、「嫌われないようにバカをやったりウンコとか言ってると、好いてくれるんですよ」と、自己防衛でキャラを作っていたことを明かした。記事にあったような苦労を若林さんもしていたのだという。これにマツコさんも「男も話しかけやすくなるしね。済ましてる美人よりさ。3日にいっぺんウンコもらしてる女のほうがさ」とざっくりまとめていた。美人を中和するためとはいえ、一般的に下ネタキャラになるのはなかなか勇気がいるが、それもひとつの生き方なのかもしれない。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ