若者の恋愛離れ、草食化は本当に”個人の嗜好の問題”なのか 低学歴、低収入、非正規雇用が独身であることに関係

草食化の背景に潜む問題とは……

草食化の背景に潜む問題とは……

東京大学大学院医学系研究科のグループは11月、結婚や交際をしていない人の割合が増えているという分析結果を発表した。分析は国の出生動向基本調査をもとに実施し、18~39歳の結婚や交際に対する意識がどう変化したかを調べた。

1992年から2015年の約20年間で、未婚かつ交際相手がいない人の割合は男性で40.3%から50.8%、女性で27.4%から40.7%に増加していた。女性ではおよそ1.5倍と、特に顕著に増えている。

交際に関心のない男性の特徴は「定職に就いていない」「低年収」