「女とは別れた」と言っていた不倫夫が突然の帰宅 そこには相手女性と赤ちゃんが…… | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「女とは別れた」と言っていた不倫夫が突然の帰宅 そこには相手女性と赤ちゃんが……

イメージ画像

画像はイメージ

不倫はこれまでの夫婦の信頼関係を根こそぎ崩してしまう。再構築するにしろ、離婚するにしろ、された側は傷つきながらもがいていく。キャリコネニュースの不倫をテーマにしたアンケートに、50代の女性読者からとんでもない修羅場体験が寄せられた。女性は

「不倫なんて他人事に思っていましたが、自分に降りかかるとは思いもしませんでした……」

と語りだした。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは不倫をテーマにアンケートを実施中です。回答はこちらから https://questant.jp/q/TX9IZBNW

必死に再構築中の夫が家出「女とは別れた」と言ったのに……

50代前半の女性(パート・アルバイト)は、夫の不倫が発覚してから「やり直し」を決断し必死に頑張っていたという。ところが、夫は家出してしまった。夫の国家公務員。女性は「いろんな事を保守するため、ただただ黙って帰りを待ちました……」と振り返る。

家を出た夫は女性に「女とは別れた。関係ない」と言っていたが、あるとき突然夫が帰宅し、衝撃の事実が判明する。

「主人がある日、深夜23時過ぎに訪れ、玄関を開けると主人の横には相手の女と女の母親が……。母親の腕には赤ちゃんがいて、頭は真っ白になりました」

不倫相手の母親「こうなったから覚悟を決めろ」

再構築中だったはずが、夫はなんと不倫相手との間に子どもまで作っていたのだ。

「帰ってこなくなり『女とは関係ない』と言いながら、ちゃっかり子どもまで作り、女の母親からは『こうなったから覚悟を決めろ』と捨て台詞……」

数人がかりで離婚を迫られたらしい女性は、その日から人間不信に陥り、「玄関からの出入りが出来なくなり、ビクビクする毎日」になってしまった。

「相手の女も後から分かったが同業者。しかも同じ職場内で不倫してた事が判明。噂にもなっていたものの『臭いものには蓋をする』とはこの事か。知っていても皆素知らぬ振り……みんな自分の事でなければどうでもいいんだなと」

夫と不倫相手、不倫相手の母親まで相手にしなければいけない女性は、「どう戦うか悩み中です」と苦悩している。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ