「今のガンダムに必要なのは”SDガンダム”」に納得しかない! まもなく新シリーズも展開スタート

武者五人衆!

武者五人衆!

今日は、これまであんまり話題には取り上げてなかった、SDガンダムの話。SDはスーパーディフォルメの略称で、90年代前半に子どもだったガンダム好きならよく目にしていたはず。

例にもれず、僕もそのうちの一人。カードダスメインに展開していたナイトガンダム、BB戦士など、プラモデルメインで展開していた武者頑駄無、それから元祖SDという組み立て式玩具は前述のものに加えてコマンドガンダム系を多く立体化していた。

あとは、本来のガンダムシリーズのMSを2頭身にしたデザインでの、シンプルなSDガンダムもアニメやらプラモデルやらで商品展開していた。もちろんSDガンダムはそれだけではなく、他にもガンドランダーという、造形の癖が強くてなかなかカッコいいシリーズもあった。

これらのシリーズを幅広くカバーしていたのが、当時大流行していたSDガン消しだろう。『ガシャポン戦士』という括りでベンダー展開されていて、100円で2つ入り。よく出来ていた傑作SDも多く、未だに多くのマニアを虜にしている。今日はこのSDガンダムの話を振り返っていきたい。(文:松本ミゾレ)

90年代の子どもたちを熱中させたSDガンダムの世界