入社3日以内のスピード退職をした人々「実は1日12時間拘束だった」「何の説明もなく仕事を押し付けられた」

病む前に辞められてよかった…

病む前に辞められてよかった…

世の中には、すぐに仕事を辞めてしまう人もいる。福岡県の30代女性は過去にアパレル系の零細企業をわずか1か月で退職したエピソードを明かす。

「今時タイムカードがないということを入社後に知った。それ以外にも社長のワンマンぶりや清掃をするための早出、離職率の高さなどから、入社3日にして退職を決意しました」

といった声を寄せている。そうしたなか茨城県の20代女性は「3日で辞めました」と前述の女性をはるかに凌ぐスピードだ。その職場では分析コンサルタントをしており「募集されていた仕事内容と違いましたので」と振り返る。(文:鹿賀大資)

入社初日から「なぜこんなこともできないの?」と怒鳴られた