「受動喫煙にさらされた若者は”むし歯”になりやすい」 岡山大の研究グループが発表

受動喫煙でもむし歯のリスク上昇?

受動喫煙でもむし歯のリスク上昇?

岡山大学は12月、家庭で10年以上にわたり受動喫煙にさらされている大学生は、受動喫煙の経験がない学生と比較して1.5倍むし歯になりやすいことを明らかにした。

研究は、同大学病院予防歯科の佐保輝医員や教授らでつくる共同研究グループが実施。成果の詳細は11月に、スイスの学術雑誌で発表された。

研究成果は「家庭での禁煙を推進する意義を強調するもの」