世帯年収300万円台の悲鳴「税金を滞納しそうに。やむを得ずカードローンで支払い」「病院に行くことも躊躇」

コロナ禍で手取り減。ギリギリの生活…

コロナ禍で手取り減。ギリギリの生活…

世帯年収300万円台の人たちの暮らしは、想像以上に大変なのかもしれない。鳥取県の30代前半男性は「収入が少ないので病院に行くことも躊躇しています」と苦しい生活状況を打ち明ける。世帯年収は300万円だが、

「今の生活で、満足していることはありません。子どもが1人いて、これからもっとお金がかかります。将来に不安しかありません」

と未来を悲観するばかりだ。ほかにも、キャリコネニュース読者から寄せられた「世帯年収300万円台のリアル」を紹介する。(文:大渕ともみ)

16年勤め念願の正規雇用になるも「額面20万円、高卒扱いの月給」