年収1200万円の30代男性「高所得で子どもが多い人にとって最悪の国」 税制への怒り

「あまりに理不尽」と怒りの声

「あまりに理不尽」と怒りの声

たびたび高額所得者層から「税金が高すぎる」という声が挙がっている。年収1000万円以上という人の中でも、累進課税については納得している人たちもいるものの、「高い税金を納税しているのに恩恵がない」と感じている人も多いようだ。都内に住む50代後半の男性は、キャリコネニュースに、

「各種支援は所得による制限が多く、恩恵なし。子どもを支援する制度がないと、さらに少子化が進むだろう」(年収1200万円台/メーカー)

という声を寄せている。今回は「年収1000万円以上の人たちの税制に対する不満」を紹介しよう。(文:大渕ともみ)

「『子どもが満10歳を迎えたら1人につき1000万円支給する』などすればいい」