年収500万円の30代男性、消費税に怒り「低所得から高所得まで、すべての人を苦しめる税金」

日本の税制は働く意欲を削ぐシステム

日本の税制は働く意欲を削ぐシステム

税金に不満を募らせる人は多い。キャリコネニュース読者からは「働く意欲を削ぐシステム。人々の善意を阻害している」(50代男性/東京都/IT・通信系/年収3000万円以上)といった声が寄せられている。

この男性が指摘する「働く意欲を削ぐシステム」とは、具体的にどのようなことなのだろうか。宮城県の30代男性(不動産・建設系/年収500万円台)は「特に消費税が問題」と切り出し、それが元で「デフレから脱却できない」と、昨今の日本経済にジレンマを感じている。(文:鹿賀大資)

「政府は嘘をつかないで、消費税の撤廃を進めて欲しい」