世帯年収1000~1200万円の慎ましい生活「車や時計は中古で購入」「手取りの半分は将来の貯蓄」

年収1000万円超でも、高級品は中古で購入

年収1000万円超でも、高級品は中古で購入

子どもの誕生をきっかけに、お金の使い方が変わった経験を持つ人は多いだろう。特に世帯年収1000万円以上の人たちは、食費や家賃などの水準は上げずに、子どもの教育費や家族サービスに支出を割く傾向がある。滋賀県の40代前半女性(メーカー系/正社員/世帯年収1200万円)は、

「3人の子どもの教育費にはお金をかけているが、日々の生活では贅沢していない」

と打ち明ける。子を持つキャリコネニュース読者にとっては、子どものためにお金をかけることが幸せのひとつとなっているようだ。(文:大渕ともみ)

「余った資金と時間は、ほぼ子どもの教育につぎ込んでいます」