東日本大震災から10年、働く主婦層の仕事選びに変化「犬を飼っているのですぐに帰れる職場を選ぶ」

家族との時間を優先する人も

家族との時間を優先する人も

東日本大震災発生から今年で10年。ビースタイルグループは2月22日、「働く主婦層の震災と仕事選び」に関する調査結果を発表した。調査は1月にネット上で実施し、同社運営の「しゅふJOB」を利用する803人から回答を得た。

震災が仕事選びに与えている影響で最も多かったのは、「震災時すぐ帰宅できるように家から近い職場を希望するようになった」(37.2%)だった。

「子どもが心配なのと帰宅難民になりたくないから家の近くが好ましい」