「テレワークはいくらでもサボれる。だからうちは全員出社です」と語る管理職の40代女性

テレワークのメリット、デメリットは?

テレワークのメリット、デメリットは?

昨年からテレワークを本格導入する企業が増えてきている。企業にとっては新型コロナウイルス感染防止のための苦肉の策だが、「在宅勤務は人の目がないため、いくらでもサボれる」と揶揄する人もいる。管理職の40代女性(東京都/正社員/年収800万円)だ。

「リモートではスムーズな意思疎通がはかれないので、何かを教えるのも時間がかかる。在宅で研修を受ける側はそれを意識して積極的に参加してほしいが、社員の意識は変わらない」

そう嘆く女性は、「だからうちは全員出社が基本。在宅勤務を許されるのは生産性の高い社員のみ。でも結局『不公平だ』と言われてしまうため、在宅勤務をしづらい」とテレワークの課題を明かした。(文:大渕ともみ)

「電話を取らなくていい。普段は一番に取らなくてはいけないので」