「女性のメガネは受付に相応しくない」職場で受けた驚愕の女性差別

受付女性のメガネ着用はNG?

受付女性のメガネ着用はNG?

世界経済フォーラムの「ジェンダー・ギャップ指数2020」で、日本は153か国中121位と先進国の中では最低水準の順位に位置している。男女平等が叫ばれる昨今だが、かつては今以上に理不尽な女性蔑視がまかり通っていたようだ。

滋賀県の40代女性(医療/パート/年収250万円)は、

「出産後も仕事を続けていましたが、子どもに何かあれば『母である私が対応するのが当たり前』と周囲から見られていました。また、旦那の転勤など、仕事と家庭の両立が難しくなった時に仕事を辞めるのは女性のほうです」

と憤る。今回は、キャリコネニュース読者から寄せられた「職場で受けた女性差別エピソード」を紹介する。(文:大渕ともみ)

人権研修なのに「女性技術職が研修の案内から漏れていた」