「学部卒レベルで“高学歴だ”なんて、大きな顔をしないでもらいたい」日本の学歴社会に物申す元教員の40代男性

学歴の重要性を訴える声

学歴の重要性を訴える声

一度でも社会に出て働いたことがあるならば、「学歴だけが仕事の出来・不出来を左右する」と考える人はほとんどいないだろう。しかし、この日本社会で条件の良い仕事にありつこうと思うなら、学歴は必要不可欠な要素なのかもしれない。

「いわゆる地方Fラン大で、数年間教員をしていたことがある」と語る都内の40代男性(正職員/年収1000万円/院卒)は、その経験から学歴の重要性を主張する。

「地方都市の場合、そもそも高卒で就職できる場が少ないし、大半は非正規雇用。そのため離職率も高い」

引き続き、この男性の声を紹介する。(文:大渕ともみ)

「大学へ進学し卒業しないと、正規雇用にありつけない」