社長秘書を1か月で退職した30代女性「社長から”隣の部屋に住んでほしい”と言われ、ゾッとして辞めました」

これは限界

これは限界

「郷に入っては郷に従え」とはいうが、それにも限度がある。中には新天地での人間関係に馴染めず、最初の内は耐え続けたものの、衝撃的な事実を知ってしまい「短期間で職場を去った」という人もいる。

都内の50代女性は、かつて某飲食店のオープニングスタッフとしてアルバイト採用されたが、ある日、信じ難い実態を目の当たりにし「即辞めました」という。その間、わずか1か月だった。

「最初の内は、まだ耐えられました。調理の社員に『主婦は人間じゃない』と言われたり、業務報告や質問をしてもガン無視されたりしましたけど。しかも店長も見て見ぬふり。しかし、入社から1か月後、しゃぶしゃぶの出汁を作っている上で、まな板を洗い始めたのを見てしまい……」

引き続き女性の投稿を紹介しながら、短期間で仕事を辞めてしまった人の声も見ていこう。(文:鹿賀大資)

【早すぎ!? 仕事を即効で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

「ザマーミロです!」