ライン作業を1日で辞めた男性「”男だから我慢できるでしょ”と言われ、まともにトイレも行かせてもらえませんでした」

トイレにも行けないなんて…

トイレにも行けないなんて…

1週間以内で仕事を辞めた経験がある人は、どんなところに危機感を覚えたのだろうか。神奈川県の40代男性は、過去に製造工場を1日で退職。そこは「女性がすべての実権を握る女尊男卑な会社でした」といい、

「男尊女卑という言葉があるが、その逆バージョン。ただの履歴書汚しにしかならず、記憶からも抹消しました。何の感情も湧きませんが、男女平等などと笑わせないでもらいたいですね」

と怒りを通り越し、もはや呆れ気味だ。その元勤務先は海に面した立地を活かし、充実した休憩場所を有していたが、男性従業員には無縁だったという。引き続き、この男性の声を紹介する。(文:鹿賀大資)

【早すぎ!? 仕事を即効で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

「女性従業員は、オーシャンビューの綺麗なカフェテリアで優雅に昼食」

男性の当時の役割は、電化製品を組み立てる工場内でのライン作業。ラインの高さが低いため、女性従業員は座り作業が許されていたが、男性従業員は中腰の状態で12時間労働を強いられた。それにもかかわらず、休憩も女性従業員のみが優遇されていたという。

「女性従業員は、オーシャンビューの綺麗なカフェテリアで優雅に昼食。もちろん男性従業員は立ち入ることすら許されず、汚い倉庫内での昼飯でした。あと男性従業員は、まともにトイレも行かせてもらえなかったです。50代の女性上長は『男だから我慢できるでしょ』と言っていました。次の日に膝が立たず、そのまま退職しました」

「上司が笑いながら『ウチより条件のいい職場なんてないよ』と言っていた」