テレワークで明らかになる”不真面目社員” 今まで”がんばっている姿”を評価していた管理職者がすべきこと

テレワークで明らかになる「不真面目社員」

テレワークで明らかになる「不真面目社員」

新型コロナウイルスの終息が未だ見えず、先が見えなくて苦しいという人もいるかと思います。仕事がテレワークに切り替わった職場もありますが、それにより新たに「不活性人材」が生まれている可能性もあります。

不活性人材とは、元々は不真面目だったり、仕事熱心ではなかったりする人を指していました。しかし、対面で仕事をしている時は気づかなくても、テレワークに移行して初めて「あれ、この人って不活性人材?」と思うマネージャーもいるのではないでしょうか。

今回は、テレワークで求められる働き方とはどのようなものなのか、不活性人材を活性化するためにマネージャーは何をすべきかについてお伝えします。(文:株式会社ニット 広報 小澤美佳)

不活性人材になりがちな人「ただ業務時間が過ぎている」「成果を出せていない」