“コロナ退職”を決意した瞬間「同業者の契約が切られている今こそチャンスという上層部」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

“コロナ退職”を決意した瞬間「同業者の契約が切られている今こそチャンスという上層部」

辞めてやる!

辞めてやる!

危機時ほど人の本性が出ると言われるが、それは会社でも同じだろう。コロナ禍における会社の対応に絶望し、退職を考える人の話を紹介する。

ITエンジニアとして働く50代女性はテレワークをしているものの、オフィスで働く社員から些細なことで頻繁に呼び出されている。出社すれば、密閉・密集・密接という「3密」が揃った部屋でミーティング。

マスクを着用しない社員が多く、会議中には大声で説教をされ、発言者の唾が飛んでくる環境に嫌気が差した。女性は上層部について

「結局、仕事のできない人間が自分の権威誇示するために急ぎでもない仕事をやらせたり、必要でもない会議を開きたがるんだと思う。ほとんどのことが在宅でできるのだが、自分が必要でない人間だと周りに思わせないために現状維持にこだわっているのだと思う」

と会社への不信感を募らせている。

会社からは「ゴールデンウィーク明けには、4月にできなかった顧客の訪問に力を入れて」

営業職として働く30代男性も会社の考え方に不信感を抱く。4月からテレワークが導入されたものの、2日に1回程度は出社を要求されているという。

「事務所は狭く、もろに三密状態です。さらに会社からは『ゴールデンウィーク明けには、4月にできなかった顧客の訪問に力を入れてください』との指示がありました。これだけ外出自粛が叫ばれてる中で営業訪問って必要でしょうか?」

と男性はトップの方針に疑問を呈している。男性には2歳の子どもがおり、自分が感染源になることを強く恐れている。

同じく営業職の20代男性も、三密のオフィスへの出社を命じられ、テレアポの日々を送っている。

「『この状況で同業者の契約が切られているからこそチャンス』と上層部が考えています。オフィス環境は悪いですし、訪問営業も継続させられています。会社は社員の感染リスクなんて考えていないのだろうなと思います」

現状で営業活動を続けても新規受注は芳しくなく、売上は減少。社長の機嫌はどんどん悪くなり、「どう考えてもブラックとしか思えない発言が目立つため転職する段取りを組んでいる」と、男性は綴る。

「感染者が出るまでは経済活動継続する」

事務・管理職として働く30代女性は、人任せで責任感のない上司にいら立つ。感染対策として時差出勤体制を整えることとなり、女性がシフト表と得意先への案内状作成などを担った。しかし翌日には撤回し、通常通りとなった。

「パートさんや得意先へ勤務変更の連絡など、上司は私に丸投げです。上司は何もせず、自分は有給休暇を取っていました。こんな上司の下で働くのはもう勘弁」

メーカーで技術職をする40代男性は、「感染者が出るまでは経済活動継続する」という会社の方針に不信感を抱いたという。男性は「社員の命より収益優先、命より目標、スケジュール、納期を優先しようとする危機感のない人たちと仕事をしたくない」と怒りをあらわにした。

※キャリコネニュースでは引き続き「新型コロナで退職を決意した人」「新型コロナで散財したものは?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ