25歳女性の「ソロキャンプでおじさんにテントを開けられた」という怒りに注目集まる

どういうこと?

どういうこと?

2020年の流行語大賞に選ばれるほど人気を博す「ソロキャンプ」だが、女性には危険が伴うことも。ヤフー知恵袋に3月末、25歳の女性から「ソロキャンプでのもやもや」という投稿が寄せられた。初めてソロキャンプに挑戦したという女性は、夜になり就寝準備をしていたところ、男性にテントをいきなり開けられたという。

「いきなりお邪魔してごめんね!夜は危ないから気をつけてね!」

と言われた投稿者は、「いや危ないのはお前や」と言いたいのをこらえて何とか就寝。翌日も昼までゆっくりしていたかったが、男性が来るため足早に帰宅したという。この男性は、昼間の準備段階から「テント立てるの手伝うよ?」「火起こし手伝うよ」など、やたら話しかけてきた”おじさん”だったという。(文:okei)

【関連】
20代女性が経験した最悪のセクハラ「管理職に肉体関係を求められた」
OB訪問で相次ぐ「就活セクハラ」防ぐには

「キャンプ場で女性に声かける男は一体何を考えているんですか?」