20代女性が経験した最悪のセクハラ「管理職に肉体関係を求められた。会社は”気を持たせることをしたお前がおかしい”」

「ずっと『女のくせに』といわれ続けた」

「ずっと『女のくせに』といわれ続けた」

劣悪な労働環境で労働者を苦しめるブラック企業。そこでセクハラに苦しんでいる女性から経験談が数多く寄せられている。今回は、”女性だから”と差別されたり危険な目にあったりしたことや、セクハラがまかり通っている職場にいる人の声を紹介する。

営業職の50代女性は、男性ばかりの外資系企業で管理職として若手の男性営業マンの育成に携わっていた。女性は一人で早朝から夜遅くまで7人の教育・成績管理をしていたが、「彼らは他部署の男性上司をリスペクトしており、女性の私は軽く見られていました」という。

「毎月40名くらいが集まる管理職会議で女性は私一人。いい意味でも悪い意味でも目立ってしまい、いつもなにかしら提案しなければいけませんでした。しかもいつも社長の隣に座らされ、気を遣うのが嫌でした」

ほかにも過労で倒れたり、自分の成績が給料に反映されないなどの不満が溜まり退職を願い出たが、「『女性だけの部署をつくってそこで育成を頼みたいからそれまで待ってほしい』と言われたものの、1年経っても変わらず」だった。

女性はその後、全身に蕁麻疹ができ、睡眠薬を服用するようになった。それが理由で退職したが、現在はすっかり体調がよくなり「辞めてよかった」と安堵する。

「セクハラで女性が会社の相談窓口に相談すると、必ず女性が退職することで有名でした」