パチンコ人口がたった1年で200万人減って813万人に! 禁煙化、コロナ、6号機の不振と厳しい状況続く

パチンコ人口が減少?

パチンコ人口が減少?

「パチンコは庶民の娯楽」というのはもはや死語になりつつある。今、このご時世でパチンコを「庶民の娯楽だ」なんて言ってる人は、どうかしているのではないかと思われてしまう。

不況のこの日本でも、パチンコホールに一歩足を踏み入れれば1万、2万があっという間に消えたり増える。本当にあの空間は、現代の市井の雰囲気とは別モノというか、遊技と言いつつ明確なギャンブル場である。

そんな空間に集うユーザーも、今はほとんどがパチンコ趣味を卒業できないコア・ファンたち。ヘビーユーザーらである。しかしそうは言っても人の財布の中身には限度がある。折からの不景気に加えて昨年からのコロナ禍のせいで、もういい加減無駄遣いができなくなって卒業したファンは多い。(文:松本ミゾレ)

かつては2800万人と言われていたが……