「1997年の皐月賞で的中。馬連500倍超の特大万馬券でした。これがきっかけで……」ギャンブル依存に苦しむ40代男性

ギャンブル依存から抜け出せない

ギャンブル依存から抜け出せない

いよいよ春競馬が本番を迎える時期だ。何と言っても目玉は、5月の東京開催「日本ダービー」。競馬ファンのみならず、「一度は馬券を買ったことがある」という人もいるだろう。

そんな大レースでの的中をきっかけに、競馬にのめり込んだはいいが、ギャンブル依存症に陥ってしまった人もいるようだ。流通・小売系の会社に勤務する40代後半男性(年収400万円)は、キャリコネニュースに

「1997年の皐月賞と日本ダービーで的中。特に皐月賞は馬連500倍超の特大万馬券でした。それですっかり競馬にハマり、今まで25年近く馬券を買い続けています」

とコメント。ちなみに皐月賞はダービーの前哨戦で、3歳馬3冠クラシックの第一関門と呼ばれているG1レース。実際に1997年の配当は、11番人気と10番人気のワンツーで大波乱を巻き起こしたレースとして知られている。これだけのビッグレースで大万馬券を当てれば、のめり込むのも無理もない。しかし、この的中が不運の始まりだった。(文:鹿賀大資)

ビギナーズラックで1万8000円を的中!