奨学金310万円を背負う年収300万円以下の20代男性「実家暮らしだからなんとか生活できてる。地方なのに車なんて持てない」

奨学金返済に苦しむ人々

奨学金返済に苦しむ人々

奨学金で大学に通った人は多い。日本学生支援機構の調査によると、奨学金を受給している学生の割合は、大学で47.5%、短期大学で55.2%(いずれも昼間部)にのぼる。社会人になってから始まる奨学金返済について、どう感じているのか。

サービス系で正社員として働く20代男性は、奨学金約310万円を背負っている。地方在住で年収は300万円に満たない。その中で月1万5000円ずつ返済している。現状について、

「実家暮らしたがらなんとか 生活できている。幸い、無利子の一種だったのもある。地方だけど車なんて持てない。ましてや、1人暮らしなんて出来ない」

と綴っている。地方暮らしだと車は生活に必須であることが多い。それにもかかわらず自身の車を所持できないのは大変だといえそうだ。

年収200万円の40代女性「滞納中です」