人気の「コンサル業界」で気を吐くアクセンチュア 入社5年で年収850万円

ハイキャリアを目指す人にとってあこがれの1つ、コンサルティング業界。世界120か国に展開するアクセンチュアは、2013年度の売上高が286億USドル。社員数も28万9000人にのぼり、世界トップレベルのコンサルティングファームと言えるだろう。

国内の社員数も5200人を数え、就活生の人気も高い。情報サイト「みんなの就職活動日記」の新卒就職人気企業ランキング(2015年度卒)では、コンサルティング業界部門で2位、総合でも93位にランクインしている。

ただ、コンサルティングといっても、その多くがB to Bビジネスのため、具体的な仕事や給与などの実態はあまり知られていない。そこで今回は、アクセンチュアに勤めるYさん(男性、20代後半)に同社の勤務実態や評価制度などについて聞いた。

「立場や年齢、性別に関係なく」発言できるカルチャー

Yさんは新卒で入社して5年の社員。主な仕事は、金融関係のITコンサルティングだ。コンサルというと、クライアントの経営者に華麗なプレゼンを行う「戦略コンサル」のイメージが強いが、Yさんの仕事はもっと泥臭いようだ。

「銀行や保険会社、証券会社などに、新しい勘定系システムの導入や古いシステムの入れ替えなどを提案しています。スケジュールや予算案の策定、システムの要件定義、実装のディレクションにいたるまで、すべてのかじ取りを行います」

プロジェクトの上流から下流まで、すべてに携わるのが「アクセンチュア流」だ。システムの実装にかかわるということは、現場の進行状況を把握し、滞っている場合にはリカバリーのための手配もしなければならない。プレゼンだけではとても終わらない仕事だ。

それでもYさんは「戦略系よりITコンサルの方が、プロジェクトをやり遂げたときの達成感も大きいですし、儲けも大きいんですよ」と笑う。社内で仕事を評価されるポイントは2つ。1つは、会議や交渉で「どれだけ的確な発言ができるか」が問われる。

「アクセンチュアには”Think Straight, Talk Straight”というカルチャーがあります。立場や年齢、性別に関係なく発言する権利が与えられており、どんどん発言して的を射た指摘や提案ができれば、入社1年目でも『あいつデキるな』と評価されます」

そしてもう1つは、担当するプロジェクトを”炎上”させないことだ。

「具体的には『このままいくと進捗に遅れが出るぞ』とか『追加開発で予算がカツカツだぞ』といったことを事前に察知し、上司にきちんと報告することです。いったんプロジェクトに火が着いてしまうと、ヘルプの人を投入したり残業したりして余計な人件費がかかりますからね。そこを防げる人は重宝されるでしょう」

アナリストの「給与相場」は? ボーナス出るの?

続きを読むには基本情報登録が必要です