ホンキで勉強する学生には好評 駿台「セクハラ」問題集は、そんなにアカンのか?

誰のための問題集なのか?

誰のための問題集なのか?

駿台文庫が昨年2月に出版した大学入試用の漢字問題集「生きるセンター漢字・小説語句」に、性的な表現が多数含まれていたとして、同書が販売停止となるなど大変な問題になっている。

問題集を執筆したのは、大手予備校「駿台予備学校」の現代文講師・霜栄(しも・さかえ)さん。この問題集でセクハラだ」とされたのは、以下のような内容だ(一部)。

「胸のデカさに俺はキョソを失った」
「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」
「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい」
「彼女の人生に俺という存在をコクインしたい」
「教授と私のミッセツな関係を誰にも気づかれてはいけない」
「ゆっくり奥までソウニュウしてください」

アマゾンのレビューには「この国の行く末が心配」と批判