メガバンクでは出向しても「年収1000万円以下にならない」って本当!? 三菱東京UFJ銀行の現役行員に聞いてみた

大卒予定者の就職先人気ランキング上位に、金融機関が並ぶようになって久しい。特にメガバンク人気は高く、就職サイト「ブンナビ!」に登録した学生が選ぶ就職先では、三菱東京UFJ銀行が今年1月時点で3年連続1位に輝いた。

1年ほど前に大ヒットしたドラマ「半沢直樹」の影響もあり、銀行には「給料は高いものの、出世競争が激しいし出向が怖い」などといった暗いイメージがあるが、実際にはどうなのか。三菱東京UFJ銀行の地方支店に勤めるAさん(30代前半・男性)に話を聞いてみた。

平社員でも「年功序列」で年々昇給

MUFGAさんは新卒で入行して10年前後、現在は支店長代理を務め、年収はすでに1000万円近くに及んでいる。まさに誰もが思い描く「高給取りの銀行員」である。では、三菱東京UFJ銀行の給与体系はどうなっているのだろうか。総合職に限ってみれば、平社員がOランク、その上にMランクとLランクがあり、ランクに応じて昇給していく仕組みになっている。

「Oランクは5段階くらいに分かれていますが、基本的に年功序列で毎年あがっていきます。そのため、入行後しばらくは同期ならば給料は完全に横並び。差がつくのは、Mランクに昇格するときです。ここでOランク時代の仕事ぶりが問われ、成績が悪いと昇格が見送られることもあります」

AさんはすでにMランクに昇格しているので、よほどのことがない限り降格はなく、年収1000万レベルから下がる心配もなくなった。Mランクは2段階に分かれていて、課長や支店長代理はこのランクに位置づけられる。同期との差が生じてくる段階だが、それでも同じランクならば給料は同じ。同じ支店内なら、せいぜいボーナスで1回20万円程度の差がつく程度だ。

Lランクは、次長や副支店長、支店長クラス。報酬は1000~1500万レベルだが、成績のいい支店と悪い支店では、1回のボーナスで数百万円の違いが生じる。給料という面で銀行の厳しさが垣間見えるのは、実はこのレベルに達してからなのである。

50歳を過ぎると、取引先や関連会社などへ出向する人が出てくる。行内の出世コースから外れたというイメージで捉えがちだが、実際にはドラマで描かれるような「出向したら終わり」という悲惨な意識を持っている人はほとんどいないという。

出向でも収入が激減しない「カラクリ」があった

続きを読むには基本情報登録が必要です