「他社で新人教育を受けて社畜に成長したら入社」 自称ブラック企業が「カッコウ採用」をスタート

新卒で就職しても、3年で3割が辞めると言われて久しい。採用企業からすると、せっかくお金をかけて教育した人材に辞められるのは痛恨の極みだ。そんな中、新人教育を実質的に他社に丸投げする「カッコウ採用」を実施する企業が現れた。

自ら「ブラック企業」であると称し、労基署突入動画の公開など、これまでも度々ネタを提供してきたIT企業セブンコード(東京・新宿)が企画した。同社の濱野秀昭代表が2月18日に公開したブログには次のように書かれている。

「他社の正社員15ヶ月以降~5年まで、いつでもセブンコードグループに入社OK」

14人採用して残ったのは3人、ニコ生で「無能経営者」と罵られ……