「最低賃金1500円」を目指し、全国の労働組合が集結! まずは「今すぐどこでも1000円に」と訴える

2月23日、厚生労働省記者クラブで「最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会」の結成記者会見が行われた。

同キャンペーンは下町ユニオン、首都圏青年ユニオン、全国一般労働組合東京南部の3団体が主導。最低賃金の引き上げや非正規労働者の賃上げ、労働組合への加入などを訴えていく。

労働組合の垣根を超えて草の根のネットワークを作り展開する全国初のキャンペーンで、共通スローガンとして「最低賃金1500円をめざして。いますぐどこでも1000円に。」を掲げた。

最低賃金のままでは「働いても一定の生活水準を維持できない」