プロの仕事をセミプロが奪う! サラリーマンが副業でカメラマンやコンサルタントに

「ビザスク」のウェブサイトより

「ビザスク」のウェブサイトより

サラリーマンが趣味や経験を生かし、副業で稼ぐ動きが盛んになっている。背景には、インターネットを介したマッチングビジネスの存在があり、2月22日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)が2社を紹介していた。

IT企業でエンジニアとして働くAさん(43歳)は、副業のカメラマンで月平均10万円稼ぐ。月1回ほど、休日にプロのモデルを自費で雇って撮影。この日はオフィスで働く女性のカット写真を撮っていた。

副業カメラマンの「作品」を大手企業が格安で活用