中小企業で活躍する「留学生社員」 海外展開を強化する会社は「もはやなくてはならない存在」と高評価

少子高齢化が進み、労働力が減少する中、期待を寄せられているのが「外国人労働者」だ。中でも日本の学校で学んだ経験のある留学生は、外国語と日本語を使える人が多く専門知識もあることから、グローバル化を進める日本企業への就職も増えている。

日本企業に就職した留学生は、2014年には1万2958人にのぼり過去最高。ただし就職先の半数は中小企業というのが現状だ。2月26日放送の「おはよう日本」(NHK)では、中小企業で働く留学生社員の様子や企業の取り組みを取り上げていた。

50人の中小メーカー、7人の新入生全員が留学生出身