「仕事がどんなに辛くても3年耐えるべき」って実際どうなの? ブラック企業にいいように使われてはいけない!

3年間、耐える意味はあるのか

3年間、耐える意味はあるのか

新年度がスタートし、今年も全国の企業に新入社員がやってきた。SNSなんかを見てみると、新社会人としての日々に戸惑いを見せる若者の声もよく目にすることができる。

中には既にドロップアウトをしてしまった新社会人もいるようだけど、こういう時によく話題に挙がるのが「どんなに辛い職場でも、3年は耐えて様子を見ろ」という言葉だ。(文:松本ミゾレ)

その意味するところは、「職場に飛び込んだら、最初は誰もが右も左も分からない。そんな中で同僚と切磋琢磨し、上司との人間関係を築く中で社会人としてのスキルを身につけていくメリットを逃がすな」と、まあそんなところだろう。

「サビ残パワハラが横行している会社で3年耐えても得はない」