「若いうちに2~3億稼げれば、それでいい」 人気YouTuberが「男は一生仕事」論を一蹴

いまや「小学生がなりたい職業ランキング」の3位に食い込むほどの人気を誇るYouTuber(ユーチューバー)。自作動画の再生回数によって広告収入を得る人たちで、小学生にとって「楽しそうな仕事」「好きなことで生きていく」イメージがあるようだ。

4月25日放送の「バイキング」(フジテレビ)には、人気YouTuberの恭一郎さん(25歳)が出演し、決して楽ではない実情を明かしつつ、大胆な仕事観を繰り返して大人たちを唖然とさせていた。(ライター:okei)

「僕はニートじゃない!稼いで貯金もしてる」と訴える