介護職員の98%が「利用者から暴言・暴力を受けた」と回答 「噛まれた」「下着を外されそうになった」という人も

「暴力」が認められない辛さ

「暴力」が認められない辛さ

高齢化が進む日本で、需要が高まる一方の介護職員。賃金の低さや仕事の大変さがたびたび指摘されるが、現場の実態は想像以上に苛酷なようだ。

介護職の人材紹介サービス「介護のお仕事」(運営:ウェルクス)が実施した「介護職が受ける暴言・暴力」に関する実態調査によると、98.0%の人が「介護サービスの利用者から暴言・暴力を受けたことがある」という結果が出た。

「認知症の周辺症状」は暴力とはいえない辛さ