ゲリラPR活動家・砂流恵介さんのアイデア創造術 「過去のイケてる広告を徹底研究」「大好きな『師匠』を追いかける」

PRプランナー/ライター・編集者の砂流恵介さん

PRプランナー/ライター・編集者の砂流恵介さん

PCメーカー、エイサーの広報を経て、現在はフリーのPRプランナー、そして編集・ライターとしても活動している砂流恵介さん。ウェブを中心に「ゲリラPR活動」を行い、機転の効いた企画が何度も業界内外で話題になりました。

そこで今回、多くの人の印象に残るPRを展開してきた砂流さんに、アイデアと出会うためにやっていることを聞いてみました。(インタビュー・文:ミノシマ タカコ)

PRは切り口が多彩。「響く切り口」をいくつ用意するか

――砂流さんといえば、2013年にエイサーに在籍されていたころ、ロケットニュース24の記者さんに同社のPCをプレゼントした話が記事化され話題になりました。PR活動をする中でどのようなことを意識されているのでしょうか。

ロケットニュースさんにエイサーのPCを使ってもらうという企画は、記者の方が「エイサーが好き」と記事で書いているのを見て思いつきました。エイサー時代は他にも、新製品のタブレットを「艦これが出来るタブレット」としてPRしたりしていたのですが、いずれも流行りそうなものや、話題になっているものにうまく乗るということが基本にあります。

それと、広告はひとつの事柄についてストレートに言う方が伝わることが多いですが、PRは多彩な切り口があります。すでに認知されている商品や、ものすごいインパクトがあるものだったらそれほど切り口を考えなくても響くかもしれませんが、はじまったばかりのベンチャーやスタートアップの製品やサービスなどは色々な切り口を用意しないとメディアの側も反応してくれません。だからこそ、どれだけ「人に響く切り口を用意できるか」がカギになります。

響く切り口を見つけるために (1)自分の中にストックを作る