35歳以上の「ミドル転職者」の失敗あるある 「前職の仕事のやり方を持ち込む」「今の会社を悪く言う」

最近では35歳以上で転職する人も珍しくなくなったが、それに伴って問題も起きているようだ。エン・ジャパンが運営する「ミドルの転職」が、転職コンサルタント111人に「転職先企業への馴染み方」についてアンケートを実施。22日に結果を発表した。

経験豊富なミドルが転職すると、それまで培ってきたキャリアを振りかざして転職先で顰蹙を買ってしまったり、新しい環境にうまくなじめず力を発揮できなかったりするパターンがある。自信満々もほどほどにしたいものだ。

入社前に「上司や同僚」と会えれば馴染みやすい