タダで出演依頼し、過剰なキャラ付け要求――外国人ユーチューバーが語る「日本でのテレビ出演をやめた」理由

福岡在住の人気ユーチューバー、ミカエラ・ブレスウェートさんが9月7日、「タレント活動をやめた理由(Why I Quit Japanese TV)」という動画を公開した。日本でのテレビ出演をやめるに至った経緯を語り、話題となっている。

カナダ生まれのミカエラさんは17歳のとき、交換留学生として来日。2007年頃から、日本での暮らしを日本語と英語両方で紹介する動画をYouTube上にアップするようになり、現在約27万人が登録する人気チャンネルとなっている。

一時は芸能事務所にも所属し、地元局の番組だけでなく、全国区のバラエティー番組にも出演するなど、活動の幅を広げていた。

SNSでの番組宣伝も依頼し、ユーチューバーの影響力にフリーライド