人事採用の仕事も将来人工知能に置き換えられる? AIによる求職者マッチングが意外と高精度

AIの方が人を見る目がある?

AIの方が人を見る目がある?

就職面接を受ける際、緊張しすぎて自分の長所が出せなかったなどで後悔する人もいるだろう。相手がコワ面だったり意地悪な質問をしてきたりすればなおさらだ。しかしいま、AI(人工知能)を採用や人事業務に生かそうとする動きが出てきている。

11月17日の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)で、その一つとして紹介していたのは、企業と求職者の相性を分析するシステム「ミツカリ」だ。働きだしてからでないと分からないお互いのミスマッチ感をできるだけ少なくするという。(文:okei)

面接ではしどろもどろの青年が、高額自転車をガンガン売る