若者の間で「アニメ>ドラマ」が定着 ニコニコ民からは「ドラマは見飽きたキャストで辟易」という声も

キャリコネニュースは12月20日、この10年間で若者の好きなテレビ番組が変化したという記事を掲載。アニメ人気がドラマを大きく上回ったという内容は大きな反響を得た。配信先のニコニコニュースではトピックスに取り上げられて、400件を超えるコメントがついた。

記事ではリサーチ・アンド・ディベロプメントが12月に発表した調査結果を紹介。2005年と2015年の若者のテレビ番組の好みを比較すると、「アニメ」の人気が大幅に上がった一方で、「現代ドラマ」「ドキュメンタリー」「音楽」など、他ジャンルの番組の人気は軒並み低下していた。

「他の番組の劣化が酷すぎるだけ」「最後にドラマを見たのは10年前」