サラリーマン幹部養成学校のブラックぶりにネット震撼 「よろしくお願いします!」と何度も絶叫、40キロ夜間行進も

入社時、1年目、3年目など、節目節目で研修が義務付けられている会社は多い。時には外部の研修に参加することもあるのではないだろうか。そんな中、2月19日にテレビ東京で放映された「激撮!ニッポンの裏側」内で取り上げた、サラリーマン幹部養成学校がブラック過ぎると話題を呼んでいる。

これは、様々な企業で幹部候補とされた人たちが13日間にわたり、富士山のふもとの学校で合宿形式の研修を受けるというもの。参加者は男性ばかりで、クリーニング会社で経理を担当する39歳、49歳の営業マンなど、年齢や職種はばらばらだ。

研修中は携帯電話の使用は禁止。家族や友人など、外部との連絡は一切遮断される。また、10人以上のグループに分かれて行動し、夜もグループ全員で雑魚寝。プライバシーを保てる時間はほぼ皆無だ。ここまでですでにやばい香りしかしない。

500文字に及ぶ「行動力基本動作10箇条」を丸暗記