「派遣社員で貧乏な友人とはもう遊べない」匿名ブログに批判殺到 「お金に困ってないなら奢ってあげれば?」「友達は収入で決まらない」

学生時代に仲が良かった友人でも、卒業後の環境によって価値観が変わってしまうことはある。中でも金銭感覚は、そのときの雇用形態の影響を受けやすいものだ。

はてな匿名ダイアリーには3月25日、「貧乏な友人ともう一緒に遊べない」という投稿が寄せられた。投稿者と友人は大学時代、お互いにお金がなく、共に過ごす場所はドリンクバー付きのファミレスか学食だった。

しかし卒業から5年が経ち、投稿者は正社員、友人は派遣社員として働いており、給与はおよそ2倍の差があるという。価値観の違いを感じたのは、久々に再会したときだ。食事や店選びで友人との金銭感覚の違いを目の当たりにし、

「もう彼女と昔と同じ感覚で遊ぶことはできない。金銭感覚が違いすぎる」

と嘆いた。

「値段の張ったカフェを紹介すると露骨に嫌な顔をされた」でがっかり