「70代の父が家でゴロゴロして困る」30代女性の相談に反論続々 「このゴロゴロのために毎日どんな苦労してきたか」

現役時代は家族のために働き続けたのに、定年後にゴロゴロしているだけで、家族から嫌味を言われるのは悲しいものだ。

4月8日の読売新聞朝刊の「人生案内」に、30代女性が「70代後半の父親が家にひきもりがちで困っている」という相談が寄せられた。

横になってテレビを見ていたと思えば、いつの間にか寝ていたり、パソコンでゲームをして過ごしているといい、外出に誘ってもすぐに「足が痛い」「疲れた」などと言い出すという。

「一生懸命働いてたのにゴロゴロしてるだけで死ぬ準備しろって言われるなんて」