空港スタッフの人手不足に航空連合が対応 「空港で働くことの魅力を知ってほしい」

訪日外国人の増加で空港利用者は増加しているものの、空港で働く人の離職率は高く、人手不足が顕著になっている。こうした中、航空連合は、空港で働くことの魅力をアピールするための取り組みを始めた。

同団体は、航空会社で働く人たちを中心に結成された、航空関連産業の産業別労働組合。4月11日に、羽田空港に隣接した羽田エクセルホテル東急で記者発表会を開催した。

裏方のスタッフは「お客様と接する機会も少なく、やりがいを感じづらい」