「電車や車で遠方まで行かないと公園で遊ばせられない」 深刻な「公園難民」を生み出す厄介なママ友関係

4月になって暖かい日が増え、幼い我が子を公園へ連れ出す親も増える季節。緑の少ない都会では子どもが遊べる場も限られている中、母親同士の関係性に煩わしさを感じ、公園を渡り歩く「公園難民」に陥る母親も少なくないという。

「子どもを外でのびのびと遊ばせたい」との思いを抱えながらも、「もう行ける公園がない」と家に引きこもってしまうケースもあるという深刻な公園難民問題について、経験者の小杉奈緒美さん(仮名・30代)に話を聞いた。(取材・文:千葉こころ)

「あっちはほかの小学校へ上がるグループだから関わらない方がいい」