電車遅延とSNS投稿数の意外な関係 「人身事故の投稿は運転再開とともに減る」に現代社会の闇を感じる

遅刻するか否かの瀬戸際、電車の遅延が決定打となることもある。そのイライラをSNSにぶつける人も少なくはない。マーケティング会社のBONDICは4月18日、「春の電車運転見合わせ時間とSNS投稿数の関係」の結果を発表した。

調査は2016年4月1日~6月30日に実施。過去3年間の4~6月に人身事故の件数が最も多かった東武東上線、JR京浜東北線、JR常磐線、京急本線、JR中央総武線の5路線についてSNS投稿数を分析した。

5路線で最も多い遅延原因は「人身事故」