「バイトなのに正社員並みの仕事をしている」という不満 割に合わない仕事はさっさと辞めた方がいい

今の時代、報酬に見合わない仕事は減らしていくべきだ。今年の初め、僕はある編集部とトラブルになった。

原因は、原稿のちょっとした表現。先方は「こういう表現は一般的に使われていない」と言ってきたが、別にそんなことはないと思った。仮に僕の表現が適切でなかったとしても、だったらたった一文「こちらで適切な表現にしておいたんで、次回から気をつけてくれや」と言ってくれればいいだけのこと。

いちいちたった20文字程度の差異を「ここが違うから、もっとこうして、再度納品してください。納品の際には~」みたいなメールを寄越すわけだけど、それこそが無駄な労力ではないか。

なんでこいつは、いちいち僕だけじゃなく、自分にとっても無駄としか思えないタスクを増やすんだろう。ひょっとしてやることが常に10も20もないと仕事をしている気にならないんじゃないだろうかと、こう思ってしまったわけだ。その日のうちに僕は契約解除を申し入れて受理された。(文:松本ミゾレ)

上司はバイトと社員の区別もつかないのか?