メルカリの「現金売買」騒動、一体だれが何の目的で? 「多重債務者がクレジットカードを現金化している」という説

フリマアプリ「メルカリ」で、現金が額面以上の金額で出品され、ネット上で話題となっている。現金を必要としている多重債務者が購入している、という説もあるが、メルカリはこれを問題視。現金の出品が禁止されるという騒動があった。

キャリコネニュースが4月24日昼にメルカリで確認したところ、1万円の紙幣が送料込みで1万3500円、1万円札5枚が5万9000円といった価格で出品されていた。いずれも「コレクションされてる方向けです」などと説明されているが、出品されているのはピン札でもなければ、珍しい番号のお札というわけでもない。取引が成立しているものもある。

クレジットカードの現金化自体は昔からあった行為